松坂大輔,登場曲

松坂大輔が登場曲に使っているのは誰の曲なの?

カラオケ

 

 

NPBでもMLBでも選手が打席に入る時や、マウンドに登る時には登場曲が流れます。

 

 

スター選手の場合は登場曲が流れるだけでスタジアムが沸き、球場にコールが巻き起こります。

 

 

 

 

例えばですが、MLBでは上原浩治投手のSandstormが流れるとスタジアムに「コウジ!」のコールが巻き起こります。NPBでは山崎康晃投手のZombir Nationが流れるとスタジアム全体で康晃ジャンプが巻き起こります。

 

 

 

なので、登場一つで選手の存在をスタジアム全体に一瞬で印象付けたり、スタジアムの雰囲気を一瞬にして変えてしまう程の力を登場曲は持っています。もちろん松坂選手にもマウンドに登る時には音楽が流れます。

 

 

松坂がこれまで使ってきた登場曲!

 

 


Sponsored Link

 

 

では、松坂選手はどんなアーティストのどんな曲を採用しているのでしょうか?2007年MLBに移籍後から登場にEXILEの「real world」を採用し話題になりました。10月に行われたア・リーグ優勝決定戦第7戦から同曲を採用しています。

 

 

 

きょくの中の歌詞で「結果出さなけりゃ、何もかもが全て終わる」というフレーズがあります。実力勝負のMLBの舞台で闘う松坂投手はこの歌詞に共感し登場曲にこの音楽を選択したのです。

 

 

 

10代から今までプロの舞台で闘ってきた松坂投手にピッタリな音楽だと思います。そして、2009年第2回WBCで世界一の称号を手にした後に、同年4月より登場曲を変更しました。

 

 

 

松坂投手は以前からEXILEのヴォーカルのATSUSHIさんとl交流があり、EXILEの新曲発表に伴い、登場曲を「The Next Door」に変更しました。

 

 

こちらの音楽も「この手の中で自分だけのエンブレム光輝かせるためにOPEN THE DOOR!」といったフレーズがあり、厳しい舞台で闘う松坂選手を奮い立たせる曲だと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

日本復帰後に音楽を変更!

 

 

2015年、松坂選手はNPBに戻ってきました。これまで松坂投手はEXILEの曲を登場曲にいつも採用していましたが、日本復帰時に音楽を変更しています。

 

 

 

EXILEから派生したユニットのTHE SECOND from EXILEの「ROCK STAR」に2015年シーズンより登場曲に採用することを発表しています。

 

 

 

これまで一貫してEXILEの音楽を使用していましたが、今回はEXILEから派生したユニットの音楽を使用しNPBに松坂選手は帰ってきました。松坂投手の登場曲の遍歴は以上のような形になります。

 

 

 

登場曲は曲調で選ぶ選手や歌詞で選ぶ選手と様々なようです。どちらかと言うと松坂投手は歌詞に共感し、自分を奮え立たせることに重点を置いて音楽を選んでいるように思います。

 

 

 

残念ながら2015年シーズンにNPB復帰後から現在まで一軍登板がないため、公式戦で松坂選手の登場シーンを見ることがまだ出来ていません。怪我で苦しんだり、満足いくパフォーマンスが発揮できない日々が続いていると思います。

 

 

 

しかし、いつか「ROCK STAR」をバックにマウンドに登る松坂投手の姿を見れる日を心待ちにします。そんな松坂選手が1軍で復活登板するのが楽しみでなりません。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

松坂のストレート(動画有)が戻ってきた!活躍の兆し?

 

松坂とイチローの知られざる関係を暴露!!

 

松坂とダルビッシュ有の全盛期はどちらが凄いの?

 

松坂の名言まとめ!!

 

松坂の体重はどれくらい?肉体改造で痩せたの?

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加