松坂大輔,甲子園

松坂大輔が甲子園で繰り広げた名勝負とは?

甲子園

 

松坂大輔投手は高校三年生の時に、甲子園で春夏連覇の偉業を成し遂げました。数々の伝説を作りましたが、数々の名勝負を繰り広げました。

 

一番有名なのは、PL学園との延長17回の死闘ですが、それ以外にも多数の名勝負を後に松坂世代と呼ばれ、プロ野球界を席巻する選手たちと繰り広げました。

 

 

 

松坂大輔投手が甲子園で繰り広げた名勝負には他にどんなものがあるでしょうか?まず、春の選抜三回戦での東福岡高校との一戦があります。当時の東福岡高校には、後にプロ野球の世界で二度の本塁打王に輝いている村田修一選手が在籍していました。

 

 

 

村田修一選手は東福岡高校で四番でエースを務めていました。当時の村田修一選手は県内では敵無しの活躍を見せていましたが、この試合で松坂大輔投手に完璧に封じ込められ、投手としては松坂大輔投手にフェンス直撃のツーベースを浴びました。

 

 

現在巨人の村田修一との対戦!

 

 


Sponsored Link

 

 

特に打者として村田修一選手は手も足も出ないほどに封じ込められました。ちなみに村田修一選手は松坂大輔投手と対戦し、投手としては絶対に松坂大輔投手に勝てないので打撃に専念してプロ入りを目指すことを決意したほどだそうです。

 

 

 

完璧にやられた悔しさをバネに村田修一選手は後にWBCで4番打者を務めるほどまで実力を磨き上り詰めたのでした。現在も巨人で活躍していますよね。

 

 

そして、名勝負と言えば夏の甲子園準決勝の明徳義塾との一戦も挙げられます。前日に延長17回を一人で投げ切った松坂大輔投手は、右腕にテーピングをし前日の熱投を物語る姿で、レフトの守備位置で出場をしました。

 

 

 

この試合、横浜高校ナインも前日の疲れの影響からか、8回表終了時点で0-6と、敗色濃厚ムードが漂っていました。8回裏になんとか4点を返しますが、まだまだ2点ビハインドの状況でした。しかし、9回表に球場の空気が一変します。

 

 

PL戦の影に隠れた明徳との一戦!

 

 


Sponsored Link

 

 

前日17回を投げ切った松坂大輔投手がレフトの守備位置から、痛々しく右腕に貼られたテーピングを剥がしながらマウンドに登ったのです。甲子園球場に割れるような歓声が響き渡った瞬間でした。

 

 

 

松坂大輔投手は9回表を3人で封じ、9回裏の横浜高校の攻撃に命運を託しました。そして、なんと横浜高校は9回裏に同点に追いつきました。この猛攻に対して、明徳義塾高校はマウンドを降りていたエースの寺本四朗投手を再びマウンドに送ります。

 

 

 

勝負は決しました。横浜高校の柴選手の放った打球がセカンドのグラブをわずかに掠め、打球はグラウンドに転がり、横浜高校は劇的なサヨナラ勝利を納めました。

 

 

 

印象的だったのは、打球がセカンドのグラブを掠めて外野に転がった瞬間、明徳義塾高校の選手がグラウンドに倒れ伏した瞬間でした。甲子園制覇を目指し全力で駆け抜けたからこそ、敗北の瞬間に全身の力が抜け立ち上がることができませんでした。

 

 

 

この夏、横浜高校を土俵際まで追い詰めたのは明徳義塾だったと思います。伝説として語り継がれるのはPL学園との延長17回の熱戦ですが、伝説の試合以外にも松坂大輔投手と横浜高校は多くの名勝負を繰り広げていました。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

松坂がいた横浜高校は公式戦無敗の記録を作ったの?

 

松坂と上地雄輔の本当の関係を暴露します!

 

松坂の伝説をあなたは知っていますか?

 

江川卓と松坂はどっちがすごい怪物だったのか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加