松坂大輔,バッティング

松坂大輔は実はバッティングのほうが好きだったの?

バット

 

 

平成の怪物と呼ばれた松坂大輔投手は打者としても非凡な才能を秘めていまそた。

 

 

高校生の時には甲子園でホームランを放ち、NPBの舞台でも見事にホームランを放ち、非凡な才能を秘めていることを日本中に証明して見せました。

 

 

 

そんな松坂選手はバッティングとどのように向き合ってきたのでしょうか?松坂はバッティングが好きであるということを公言していますし、実際にバッティングセンスにも定評があり、プロ野球関係者からも高く評価されています。

 

 

 

高校時代の恩師、横浜高校の渡辺元監督からは、もしバッティングに専念していたら高橋由伸選手を右打者にしたような打者になるだろうと評価されていました。

 

 


Sponsored Link

 

 

バッティングでも数々のエピソード!

 

 

数々の強打者を輩出し、その選手たちを間近で見てきた恩師からも非凡なバッティングセンスを高く評価されていたのです。投球についての話題が目立つ松坂ですが、実はバッティングに関してこだわりを見せるエピソードが多く残しています。

 

 

 

まず、パ・リーグに所属していたため通常はバッターボックスに入ることはありませんが、松坂選手は気分転換も兼ねてバッティング練習をトレーニングに取り入れていました。

 

 

 

西武ライオンズ時代にはバッティングで悩む野手に対してアドバイスを送ることもあったほどだそうです。メジャーリーグへ移籍後も、なんとマイバットを持参しレッドソックスのキャンプに参加したそうです。(バッティング練習させてもらえなかった。)

 

 

ピッチングとバッティングどちらが好き?

 

 


Sponsored Link

 

 

では、松坂は投球とバッティングはどちらが好きなのでしょうか?バッティングが好きなのは間違いないですが、若かりし頃の松坂の闘志を漲らせて強打者に真っ向勝負を挑む姿を見るとピッチングの方により強いこだわりを持っていたと思います。

 

 

 

プロ野球に入団し、片岡篤選手から「変化球投手」と呼ばれ、そのリベンジと言わんばかりに155km/hの速球を投げ込み捻じ伏せました。また、当時のパ・リーグで躍動した強打者達にも自慢の速球で挑み、対戦を楽しんでいるようにすらも見えました。

 

 

 

2000年代のパ・リーグでは今でも語り草となっていますが、平成の3冠王松中信彦に対するストレート勝負や、ミスターフルスイング中村紀洋にストレート勝負を挑んだりと数々の名勝負を生み出しました。

 

 

西武ライオンズに入ったことで打撃が少なく!

 

 

打席に立つ機会が少なかったので、投手としての活躍が印象的なのもありますが、投手として、強打者達に真っ向勝負を挑む松坂の姿を見ると、投球に関しては楽しくて楽しくて仕方がないようにみえます。

 

 

 

松坂選手は、バッティングが好きなのは間違いありません。実際に本人も公言しています。ですが、投げるよりも打つ方が好きかと言うとそうでもなく、バッティングは「好き」投球は「楽しくて仕方がない」という風に向き合っているように思います。

 

 

 

野球人生の瀬戸際に立たされている松坂大輔ですが、投手としての復活をまず期待していますが、復活を果たして交流戦や日本シリーズの舞台で「好き」と公言する自慢のバッティングを引っ提げて活躍する姿も是非見てみたいと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメの記事

松坂大輔も使うアンダーアーマーのスパイクは楽天のコチラ

 

松坂が登場曲に使っているのは誰の曲なの?

 

松坂がこれまでに放ったホームランとは?

 

松坂大輔のスパイクがアンダーアーマーに変えた意外な理由とは?

 

松坂の名言まとめ!!

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加